プラセンタ効果 選べる種類

MENU

プラセンタの種類

プラセンタには種類があるんです。
種類というのはプラセンタそのものが誰の胎盤から抽出したものかということで種類が変わってくるのです。

 

その種類には

  • ヒト

とあります。
これらは文字の通りの生物の胎盤から抽出した成分が配合されているのです。

 

 

まずはヒトプラセンタですがこれはプラセンタ注射にしか使用が許可されていません。
人間の胎盤から抽出している成分ですが医薬品扱いとなっているので医療機関やクリニックでの接種と決められているのです。
治療薬として用いられているので、更年期障害や肝機能障害にも用いられています。
最近ではプラセンタの効果の一つであるアレルギーを抑える効果に注目が集まり花粉症対策として用いる病院もあるようです。
注射なので効果の感じ方は早くしっかり感じることができるでしょう。
先にも述べたようにプラセンタ注射しかないのでサプリメントやドリンク、粉末などはありません。

 

 

一般的な消費者の私たちに手が届きやすいのはやはりヒトプラセンタではなく、サプリやドリンクとしても商品数が多い馬や豚、羊プラセンタでしょう。
プラセンタ市場を多く占めているのが豚プラセンタです。
近所のドラッグストアにある「プラセンタ」と名前の付いた商品の多くは豚プラセンタが使用されています。
ネットショッピングでも豚プラセンタ商品は多くあります。
豚の胎盤より抽出された成分は私たちの人間になじみがよく吸収が良いとされています。
そしてなによりも手ごろな値段で購入できる点で人気が高いようです。

 

 

そんな豚プラセンタよりも今人気が高く評判なのが馬プラセンタです。
私のお気に入りも馬プラセンタです。
馬プラセンタの人気の秘密は品質の高さと言われています。
その品質の高さが効果につながり、馬プラセンタは効果をしっかり感じることができると評判になった点です。
事実多くの方が馬プラセンタを摂取することで美容効果や健康効果を得ることができているのです。
またもう一つの人気の秘密がアミノ酸量の多さという点です。
私たち人間が生きていくうえで必要となるアミノ酸をたっぷり含んでいて、豚プラセンタよりも250倍以上も含んでいるとして注目されているのです。
だからこそ効果の感じ方がはっきりとわかるので人気のようです。
値段は豚プラセンタのように手ごろな値段というよりは少し高めです。

 

 

最後に羊プラセンタですが、日本ではあまりなじみがないようです。
海外ではセレブ達が羊プラセンタに夢中なんてことも聞きますが日本で狂牛問題が起きて以来厚生省からの通達で羊の成分を使ったサプリなどを禁止にしたのです。
そのため日本で流通しているプラセンタは海外からの輸入に頼った羊プラセンタなのです。
でも羊プラセンタも体になじみがいいとされています。
しかしながら輸入に頼っているので値段は少々高めです。

 

このようにプラセンタにもいくつかの種類があるのです。

 

最近のプラセンタ

近年このプラセンタブームにのって登場しているプラセンタがあります。
それが

  • 植物性
  • 海洋性

の2種類です。

 

これらには胎盤はありません。
胎盤の代わりとなる部分からの成分を配合しているものです。

 

動物性に抵抗がある人や、不安に思っている人には人気です。
植物性はその植物の「胎座」という部分から栄養素を抽出しているのです。
商品としてあるのは麦やメロンがあります。

 

海洋性では魚の卵巣膜から成分を抽出しています。
卵巣膜は卵を育てるために栄養を多く含んでいる部分です。
一般的には「鮭」の卵巣膜を使用しているものが多いです。

 

どちらも胎盤を持っていないので、胎盤と同じような役割をしている部分からの抽出ということになるのです。
そのためプラセンタの重要な成分「成長因子」を含んでいないため健康効果は期待できないとされています。
しかしながら美容効果にはいいと評判で、注目されています。

 

このようにプラセンタには選べる種類があるのです。
効果を感じるには自分に合ったプラセンタを見つけてください。