プラセンタ効果で健康・美容ともに絶好調 プラセンタとは

MENU

プラセンタとは

プラセンタとは「胎盤」のことを言います。
胎盤とはお腹にいる赤ちゃんに栄養を与えたりするほか、小さな命を人間や生物の形までに成長させてしまう驚異のパワーを持っている部分のことです。
その胎盤から栄養素を抽出したものを一般的に「プラセンタ」と呼んでいるのです。

 

今ではそのプラセンタは医療業界でも使用されていますし、健康効果・美容効果に注目が集まり、愛用している人は多くいます。
その歴史は古くクレオパトラやマリーアントワネットといった上流階級の女性達が美しくなるための目的が使い始めたのが最初だといわれているぐらい古い歴史なのです。
どうしてそんなにも古くからプラセンタに興味を持ったかというとそこにはプラセンタの栄養素の秘密があるからです。

 

プラセンタの栄養素

先に述べたようにプラセンタは胎盤から栄養素を抽出した成分であることは紹介しました。
ではその抽出される前の胎盤に多くの栄養素があるということになるのです。

 

その胎盤は哺乳類が妊娠3か月の頃に胎盤ができます。
胎盤は母体が赤ちゃんを育てるうえで必要な物を供給する臓器です。
また小さな命を成長させるほどの栄養素が蓄えられているというわけなのです。
私たちの体に必要な栄養素をはじめ、体内では作ることのできない栄養素も含まれているといわれています。

 

その中の最も注目すべき栄養素が成長因子なのです。
この成長因子がプラセンタの中で私たちの体に大きく作用する成分と言ってもいいかもしれません。
プラセンタは栄養素の宝庫ですが若返り効果が高く評判です。
この若返りに関係しているのが成長因子なのです。
成長因子が20代後半から減少してくることが老化の原因と考えられています。
ということは成長因子があれば老化しないということになります。
そこでこの成長因子を含んでいるプラセンタ成分が注目されているのです。